全国统一热线:021-31265669
技术文章您的位置:网站首页 >技术文章 > 风速仪种类和选型参考
风速仪种类和选型参考
发布时间:2017-02-09   点击次数:504次

风速(流速)测试有平均风速的测试和紊流成分(风的乱流1~150KHz、与变动不同)的测试。热式风速计是测试平均风速的。测试平均风速的方法有热式、超音波式、叶轮式、及皮拖管式等,但在这些方式中,式风速计是利用热耗散的原理。下面,对这些风速的测定方法做一下说明。

6113

一. 热式风速计。

该方式是测试处于通电状态下传感器因风而冷却时产生的电阻变化,由此测试风速。不能得出风速的信息。

除携带容易方便外,成本性能比高,作为风速计的标准产品广泛地被采用。

热式风速计的素子有使用白金线、电热偶、半导体的,

二.超音波风速计。

该方式是测试传送一定距离的超音波时间,因风的影响而使到达时间延迟,由此测试风速。

3 次方时,可以知道风向。

传感器部较大,在测试部周围,有可能发生紊流,使流动不规则。用途受到限定。

普及度低。

三. 叶轮式

该方式是应用风车的原理,通过测试叶轮的转数,测试风速。

用于气象观测等。

原理比较简单,价格便宜,但测试精度较低,所以不适合微风速的测试和细小风速变化的测试。

普及度低。

四.皮拖管式风速仪

在流动面的正面有与之形成直角方向的小孔,内部藏有从各自孔里分别提取压力的细管。通过测试其压力差(前者为全压、后者为静压),就可知道风速。

原理比较简单,价格便宜,但与流动面必须设置成直角,否则不能进行正确的测试。不适合一般用。

不是作为风速计,而是作为高速域的风速校正来使用。

6710
日本Kanomax加野麦克斯风量罩

平均風速を測定する方法として、熱式、翼車(ベーン)式、超音波式、およびピトー管式などがあります。アネモマスターは、この方式の中で熱放散の原理(熱式)を利用しています。
以下に、これら風速測定方法による風速計の特長を示します。
 
熱式風速計
■通電状態にあるセンサーが、風で冷却されたときに生じる電気抵抗の変化を測定することで風速を測る方式です。
■持ち運びが容易。コストパフォーマンスが高く、風速計のスタンダードとして広く採用されている。
■熱式風速計の素子には、白金線やサーミスター、半導体を用いたものがある。当社は白金線を使用している。白金線は物質的にzuiも安定しているため、長期安定性に優れ、温度補償の面においても優位です。
■適用範囲:0.05~50 m/s 表示分解能:0.01 m/s
 
翼車(ベーン)式風速計
■風車の原理を応用。翼の回転数を測定することで、風速を測定する方式です。
■気象観測用などに用いられる。
■原理が比較的簡単で、価格は安い。測定精度が低いため、微風速の測定や小刻みな風速変化の測定には不向きで熱式風速計をお勧めしています。
■普及度は低い。
■適用範囲:1~50 m/s 分解能:0.1 m/s
 
超音波式風速計
■超音波が一定距離を伝わるのに必要な時間を測定し、風の影響による到達時間の遅れから風速を測る方式。
■XYZ 3方向にセンサーを設置することで、風向を知ることができます。
■センサー部が他の原理に比べてやや大きいため、測定部周辺で乱流が発生して風の流れを乱す可能性があり、用途が限定されます。
■気象観測用に用いられます。
■普及度は低い。
■適用範囲:0.005~60 m/s 表示分解能:0.005 m/s
 
ピトー管式風速計
■ピトー管は、風の流れに対して正面と直角方向に小孔を持ち、それぞれの孔から別々に圧力を取り出す細管が内蔵されています。その圧力差(前者を全圧、後者を静圧)をマイクロマノメーターで測定することにより、風速を測定します。
■原理が比較的簡単で価格は安く、風の流れに対してピトー管を直角に設置しなければ、測定時の圧力差が大きくなります。
■風速計としてではなく、風速校正用として使用されます。
■適用範囲:5~100 m/s 分解能:0.01 m/s

分享到:

返回列表返回顶部
COPYRIGHT @ 2016 上海京工实业有限公司(www.king17.cn)主营:德尔格压缩空气检测仪,加拿大BW四合一气体检测仪,华瑞VOC气体检测仪,美国SKC采样器,匹磁在线溶氧仪,自增压液氮灌,GE德鲁克,哈希浊度仪,德尔格气体检测仪,美国TIF
网站地图    沪ICP备09035104号-9    关于我们 新闻中心 资料下载 产品中心 联系我们 管理登陆

地址:上海市西闸支路107号2-3层
在线客服
电话:021-31265669
手机:13370059858
传真:021-51861312
邮箱:m975@163.com